手のひらの汗

手のひらの汗の原因と対策について紹介中です。

緊張した時の手のひらの汗の原因と対策について

通常、人は全身に汗腺が備わっています。ですが、中には、ちょっと緊張しただけで、手のひらが汗でびっしょりになってしまうという方がいます。何故でしょう。原因の解説とおすすめの対策方法をご覧ください。

 

新製品ピックアップ

手汗対策 フレナーラ

手汗対策用品の良いトコ取り「フレナーラ」新発売!

 

今までの手汗対策用品にありがちだった問題を改善
良いトコ取りの商品です。

 

≫公式サイト

当サイト人気ナンバー1

手汗対策 ファリネ

手汗対策おすすめナンバー1「ファリネ」

 

女性のために開発された手汗対策用品です。
コスメのようなデザインで人前でも目立ちません。
厚生労働省認可「医薬部外品」合成香料・着色料不使用

≫公式サイト

↑今すぐ口コミを確認するなら、こちらをクリック↑

緊張すると汗が出るのはなぜ

人間にとって、「汗をかく」というのは、そもそも備わっている本来的の身体機能です。緊張する時に出る手汗は、2種類の発汗作用から生じています。

温熱性発汗

人間は、恒温動物です。体が正常に機能し続けるためには、体温を一定に保つ必要があります。病気をした時、あるいはスポーツをしている最中には体温が上昇します。

 

この体温の上昇を和らげ、あるいは元の状態に戻すため、汗を出すことで熱を発散します。また、人前で緊張をした時には、体が火照ってしまうことがあります。この時にも、体を冷やすために、汗をかき始めます。

精神性発汗

人は様々なシーンで、緊張をする、興奮をするという場面に遭遇します。このような、精神的なプレッシャーなどでかく汗を精神性発汗と呼びます。他にもカレーなどの辛いものを食べた時、ラーメンなどの熱いものを食べた時にも汗をかくことがあります。これは、「味覚性発汗」と呼ばれています。

 

いずれの発汗作用も、もともと人間の体温調整機能から由来しています。ですが、人間本来の機能ですから、汗をかいたとしても諦めましょう。ということでは、もちろん話が始まりません。

 

手のひらにかく汗の量が多すぎると自覚している。あるいは、前はそれほどでもなかったのに、最近、特に汗をかく機会や量が多いと感じる。そんな時には、多汗症の恐れがあります。

止まらない手汗を抑える対策方法

人の体は暑い日や運動の後などに体温が上がると汗をかきます。その他にも、不安や緊張が交感神経に作用して発汗を起こすこともあります。手のひらも同様に、誰でも緊張したりハラハラした時には多少、汗をかくことがあります。ただ、人によっては手のひらから滴り落ちるほど多量の汗をかくこともあり、そのような場合は多汗症の一つである手掌多汗症の可能性が高いといえるでしょう。

 

手掌多汗症は、精神的不安や緊張が誘因となって引き起こされることが多く、これらが交感神経に作用することが主な原因です。

 

手汗を含む多汗症は、一般に体質や遺伝によるものと思われがちですが、先天性ではなく、その人の性格や心の状態などが深く関わる病気です。物事を神経質に捉えるタイプの人に多く見られ、不安や緊張が交感神経を過敏にして発汗異常を起こします。

 

そして、手汗をかくとそのことに神経質になり、恥ずかしさや緊張、周りに知られてしまったらどうしようという不安などから交感神経はますます過敏になって、症状を悪化させてしまう傾向にあります。

 

手汗が気になる場合はハンカチやタオルで対処する人が多く、脇の汗と同様に制汗剤を利用して一時的に汗を抑えようと試みる人もいます。しかし、手汗の根本的な原因は不安や緊張といった精神的なもので、これらを改善しなければ症状は良くなりません。

 

手掌多汗症による手汗を改善するには、なにより緊張や不安が和らぐようにしたり、できることなら取り除くようにすることが大切です。専門の医療機関に相談をしたり、必要な場合には精神安定剤などを処方してもらうのも良い方法です。

 

他には注射を使った薬物療法やイオンフォレーシス法と呼ばれる電流療法もありますが、治療効果には個人差があり、治療に時間を要したり医療機関が限定されるといったデメリットも少なくありません。また、交感神経を切除する手術は発汗を抑える上では効果的とされていますが、副作用が出やすいため最終手段と考えた方が良いといえます。

手汗を止める新製品ピックアップ

 

手汗対策用制汗ジェルクリーム「フレナーラ」

手汗 対策 フレナーラ

手汗対策用制汗ジェルクリーム「フレナーラ」の特徴

フレナーラは、平成27年9月に発売されたばかりの手汗用クリームです。フレナーラの効果や効能は、人気商品ファリネとほぼ同じと考えて良いでしょう。大きな違いは4点。

  1. ファリネがパウダー状なのに対し、フレナーラはジェルクリーム
  2. 2点目の違いはボトルの形状。フレナーラはワンプッシュのスプレータイプのボトルを採用。
  3. 3点目は販売価格。定期コースならファリネ、単品購入ならフレナーラに軍配が上がります。
  4. ジェルクリームなので汗をかいた後も粉末が洋服に付いてしまうことがありません。

厚生労働省から医薬部外品として認可済み。明記することを許可されている効果効能は、「皮膚汗臭、制汗」。手の平の汗用のクリームですが、額やワキ・足にも使えます。着色料・合成香料・鉱物油・アルコール・パラペンも不使用。ユーザー満足度91.7%

価格 評価 備考
8.500円 評価5 定期購入なら40%オフ5,100円
さらに送料無料・90日返金保証

フレナーラ公式サイト

 

 

手汗対策おすすめランキングこのページ中段で掲載中!

女性の汗の臭いの対策について

男性・女性を問わず、汗の臭いは悩みの種です。女性でも汗の臭いの対策・改善に悩んでいる方は数多くいらっしゃいます。日本人にとって、汗の臭いというのは、大変大きな問題です。臭いが気になると、家から外に出るのが嫌になるなど、生活そのものに支障が生じてしまいます。汗の臭い対策は、日頃から気をつけなければならない点で、男女を問いません。

 

外出をするときには、前もってシャワーを浴びたり、デオドラントを使用するなど、自分の生活習慣の一部として、取り組む必要があります。女性の場合、男性以上に臭いには敏感です。日頃から美容やファッションに大層気を使っているだけにご自分の臭いのことが気になりだすと男性以上に大きなストレスを抱えることとなります。

 

もし、貴女が臭いのことが気になるあまり、仕事や普段の生活に支障を感じているということなら、自分の汗のことを一時でも忘れることができるよう趣味やスポーツなど、自分が熱中できることを見つけ日頃抱えてしまっているストレスを解消できるようにしてみてはいかがでしょう。

 

女性には、女性ホルモンの働きで、汗の臭いを抑える身体的な特徴が備わっています。ただ、女性ホルモンのバランスが何らかの原因で崩れてしまう、あるいは低下してしまうと、日頃の汗とは違い、臭いのある汗が出てきます。

 

女性ホルモンそのものは、年齢とともに少なくなってきますが、

  • 適度な運動
  • バランスの行き届いた食事
  • 規則正しい生活

を心がけることでその影響を少なく出来ます。

女性の多汗症は自宅で治せます

多汗症を治したいと考えても、自分の多汗症を深刻な欠点だと感じていると、病院で診察をしてもらうことに億劫になる方もいることでしょう。生まれつきだからとか体質だからと諦めている方もいるかもしれませんが、実はきちんと治すことができます。人より汗の量が多いとか、何となく汗が気になり始めるとそのことがきっかけで多くの人はストレスを感じます。

 

それと同時に精神的にも負担が大きくなり、心や見えない部分でのダメージも大きくなります。多汗症の改善策のひとつに「手術」という選択肢もあります。手術さえしてしまえば、悩む必要がなくなる!という考えもあるかもしれません。ですが、この方法では「代償性発汗」という症状を引き起こし他の部位に発汗が起こるリスクが生じます。

 

このようなリスクを考えても、手術をする前に出来ることは数多くあります。対策や考え方一つで治せるものがあれば、多汗症が気にならなくなり、多汗症のことを考えなくなることで精神的にも負担を軽減することができます。ダメだ・・・と諦めてばかりいないで、まずは自分でできることから始めてはいかがでしょう?

 

多汗症に対する正しい知識を習得することで、女性の多汗症は改善が可能です。

手汗対策おすすめランキング

手汗 対策
手汗対策用制汗パウダー ファリネ

手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」の特徴

ファリネは、厚生労働省から医薬部外品としての認可を受けている手汗対策用パウダーです。

ファリネは、こんな悩みにおすすめ

  • 好きな人と手をつなげない
  • 手汗でノートがにじむ
  • ハンドタオルが手放せない
  • 人と握手ができない
  • いつも手の平が湿っている
  • 手術はちょっと恐い
  • 市販のデオドラントスプレーや制汗剤では効果がない…等々

7つの有効成分の効果で

  1. 手汗を抑止し
  2. 手の平の水分量をコントロール
  3. 超微粒子ですみずみまでカバー
  4. パウダー状なのでサラサラ感が持続

そのため、塗った瞬間から湿りっぱなりだった手の平がサラサラに!
他にも女性が使うことに配慮し、コスメのようなデザインを採用するなど細やかな心遣いがちりばめられています。

価格 評価 備考
8.890円 評価5 定期購入なら初回は70%オフ 2,667円~
送料無料・90日返金保証
手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」の総合評価

医薬部外品として厚生労働省から認可を受けている効果効能は、「皮膚汗臭、制汗」。手汗専用クリームですが、ワキや足にもお使いいただけます。合成香料や着色料・鉱物油・パラペン・アルコールも無添加ユーザー満足度92.3%。ファリネは、多くの方がリピート購入をしている商品です。

ファリネ公式サイト

段階で見る手掌多汗症の症状

暑い日や運動後には体温が上がって汗をかくのが当たり前ですが、人によっては特に体が熱いわけでもないのに汗をかいて止まらないことや、緊張や不安によって衣服が濡れるほど多量の汗をかいてしまうことがあります。

 

一般に普通よりも汗をかきやすい症状を多汗症と呼び、体温に関係なく体のあちこちから多量の汗をかくのが特徴的です。手汗も同様に、普段は汗をかくことが少ない手のひらから多量の汗をかく症状は手掌多汗症と呼びます。

 

手掌多汗症は、顔や脇の下から発汗のある他の多汗症とは違い、目立つことも体臭の原因となることも少ないため、軽視されやすく理解が得られにくい病気です。しかし、他人に知られたらどうしようといった不安や緊張で悩みを抱え込むことが多く、時には日常生活や社会生活に支障をきたす深刻な病気なのです。

 

手掌多汗症の症状は、ほとんど気にならない軽度なものから、日常生活に支障をきたす重度なものまで個人差が大きく現れる病気で、手汗の症状によって三段階に分けて症状に合った治療を行うのが一般的です。

 

軽度の第一段階では、手のひらが湿る程度で触らなければ他人に気付かれることはほとんどありませんが、手汗が気になって人と握手したり手をつなぐことができず悩む人が少なくないといいます。そして、常に濡れていて水滴ができやすい第二段階、玉のような汗が滴り落ちる。

 

第三段階へと進むにつれて症状が重くなり、重度になると職場で大事な書類を濡らしてしまうこともあるため、職種を制限されることになったり、外出が出来なくなり、人前に出ることが困難のなるなど日常の生活全てに渡って大きな支障を来たすことになってしまいます。

手汗手術のメリット・デメリット

緊張した時や少しの気温の変化によって、普通よりも多く汗をかいてしまう症状を一般に多汗症と呼びます。手汗もその一つで、ちょっとした緊張や不安を感じた時に手のひらに多量の汗が出る症状を手掌多汗症と呼びます。

 

手掌多汗症による手汗は、交感神経が過敏になることが主な原因で、緊張や不安が交感神経に伝わり体温調節機能に作用して多量の汗をかくものです。そのため、手汗を抑えるためには、交感神経の機能を断ち切る手術が有効とされています。

 

手のひらに行う手術と思われがちですが、実際には発汗異常の原因となる胸部の交感神経を切除するものです。腔鏡下胸部交感神経遮断術という長い名称が付けられていますが、脇の下あたりに数ミリ程度の極小さな穴を開けて、腔鏡と呼ばれる極細の内視鏡を挿入して交感神経を断ち切るという比較的単純な手術です。

 

所要時間も30分程度と短く、入院の必要もほとんどないことから仕事への影響もありません。また、手術後の傷痕もほとんど残らないため安心です。

 

交感神経を切除することで手汗を大きく改善できる治療法ですが、個人差もあるため全てのケースにおいて症状が良くなるわけではありません。また、手術の副作用として、背中や胸、お腹や腰回りなどの部分から多量の汗をかくようになることがあります。一般に代償性発汗と呼ばれており、手術を受けた人に高い割合で発症する副作用です。

 

手術を受けた人全てに副作用が起こるというわけではありませんが、代償性発汗をはじめ、手術後に頭痛や喉の渇きを感じる人も少なくなく、手術を受ける前に十分理解しておく必要があります。切除した交感神経は二度と元に戻すことができないため、手術は最終手段と考えて、症状が軽いうちに他の方法で治療するようにしましょう。

手掌多汗症の原因

多汗症には様々な種類があります。

手掌多汗症とは

足、ワキ、背中、顔などなど。
手のひらに汗をかいてしまう多汗症を手掌多汗症と言います。

 

手掌多汗症のケースでは、人と手をつなぐ、握手をするという仕草に抵抗を感じたり、いつも手元にハンカチを用意していないと不安になるという方も入るようです。

 

手のひらは女性の場合、美容の上でも大切な部位ですし、常に汗を感じたり、周りの人を意識することで精神的にもネガティブになったり、汗をかいていることを意識するとさらに汗をかくという悪循環にも陥ります。

手掌多汗症の原因

手掌多汗症の原因について考えてみましょう。

精神的な要因による手掌多汗症

まず挙げられるのは、「精神的」な要因

 

元来が神経質なタチであったり、緊張しやすい、対人関係が不得意、人混みが苦手などです。

 

あなたの場合には、これら「ストレス」性の手掌多汗症に当てはまりますか?

自律神経の変調による手掌多汗症

もう一つの大きな要因として「自律神経」に由来する場合もあります。

 

自律神経が要因となっている場合には、交感神経や副交感神経のバランスがくずれ、からだが変調をきたしている可能性があります。

 

中には、多汗症を手術や注射で治すことを考える方もいるようです。

 

ですが、いきなり手術をすることを考えるよりも、自分が汗っかきになっている原因を考えてみませんか。

 

手のひらに汗をかく方というアナタにおすすめしています。

 

原因を突き止め、からだのバランスを正常に戻すことができれば、手のひらの汗を改善することもできます。

 

 

※下記商品は2016年9月をもって販売を終了しました。
手のひらの汗用制汗ローション「デトランスα」
デトランスαは、医療先進国デンマークで開発された手汗や足汗対策のためのローションです。
デトランスαがおすすめの方
すでに多くの方が使っている商品のほうが、安心して使えるという方
デトランスαと第1位ファリネの違いはファリネは日本製で厚生労働省から医薬部外品としての指定を受けています。
ファリネを定期購入すると90日間の返金保証がついています。お試しのつもりで始められるメリットは大きいですね。
さらに、ファリネは一目見て汗対策のためのアイテムと気づきにくいデザインを採用している点も好印象でした。
※ 医薬部外品というのは、「医薬品以外の商品」という意味ではありません。「副作用のおそれが少なく、薬局以外での販売を許可します。」という意味です。
2位のデトランスαと1位のファリネの違いを見比べて、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう。
初回購入なら40%オフ2,900円手のひらの汗用制汗ローション「デトランスα」の総合評価
日本国内でも既に多くの方が愛用しており、既に57万個以上の販売実績があります。リポート率は92%以上。