.自律神経は乱れていませんか? 緊張した時の手のひらの汗の原因

自律神経は乱れていませんか?

 

緊張すると、手のひらに汗をかく量が人よりも多いと感じ、悩んでいる、困っているというあなたに、手のひらにかく汗など多汗症の原因となっている自律神経の乱れにについて紹介をします。

 

それでは、自律神経の乱れについて見ていきましょう。

 

多汗症の原因として、最も多いのが自律神経の乱れによるものです。

 

もちろん、手の平にかいてしまう汗の原因も同様です。

 

遺伝などの先天的な多汗症以外は、ほとんどが自律神経の乱れによるものからだと言っても過言ではありません。

 

ですので、多汗症を治そうとするのではなく、その原因が自律神経にある場合には、例えば自律神経失調症を治す事が多汗症の改善に繋がることもあります。

 

自律神経が乱れるというのは「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れてしまっている状態の事を言います。

 

車に例えてみると、アクセルの役割を果たすのが「交感神経」、ブレーキの役割を果たすのが「副交感神経」で、ストレスや運動不足、精神面の影響からこの2つのバランスが崩れてしまうのです。

 

自律神経のバランスが崩れるとアクセルである「交感神経」が全開の状態が続くのでリラックスも出来ずに体も心も休まらなくなります。

 

そして、そのような状態に陥ると働き過ぎな「交感神経」のせいで汗を異常にかくことになってしまうのです。

 

最近眠れない事が多かったり、神経がなかなか休まらない事で体に倦怠感があったりなどが続いている人は要注意です。

 

自律神経のバランスは乱れていないかどうかをしっかりと認識した上で、多汗症の治療や改善に取り組むと良いでしょう。

 

手の平にかいてしまう汗の原因についてもっと知りたいなら、サイトトップページのおすすめ情報をご覧下さい。
手のひら汗原因